武蔵野大学 > 大学院 > 言語文化研究科 > 言語文化専攻

gengo-top.jpg
 

学修の手引き(大学・研究科共通)

MUSCAT  ●授業期間・授業時間  ●単位と科目  ●履修計画  ●履修登録  ●授業  ●成績  ●学位(大学院)


言語文化専攻 修士課程

言語文化専攻修士課程には「言語文化コース」と「ビジネス日本語コース」の2コースがあります。

言語文化コース

本コースでは、日本語・英語のそれぞれの言語専門家を養成することを目指しています。「日本語教育の分野」では日本語と日本語教育に関する高度な知識を提供し、主に日本語を母語としない人々を対象とした日本語教員の養成を目的としています。「英語コミュニケーションの分野」では、グローバル・ランゲージである英語の高度な理解能力を身につけ、グローバル社会の様々な分野で活躍する人材を育成します。

日本語教育分野

日本語教員の養成を目的に、日本語、日本語教育、異文化教育に関する専門性を高めます。「日本語教育実践研究」「日本語教育実習演習」では、日本語教育実践に関する知識とスキルと研究法を身に付け、模擬実習を通して実践力を養います。「日本語教育文法論」「日本語特殊研究」「日本語教育学演習」では、日本語教育に貢献する音声・文法・文章・談話研究の理論および研究法を学びます。「異文化教育学演習」では異文化教育研究の基礎的理論および研究法を学び、異文化調整能力を養います。さらに、「修士論文演習」において、修士論文のための理論的文章の作成およびプレゼンテーションの方法を学びます。

<修了後の進路>

■日本語教員
■日本語教育分野における研究職
■グローバル企業
■公務員、国際的NGO・NPO、通訳ガイド
■国内、海外の大学院博士課程進学

英語コミュニケーション分野

現代英語の文化とコミュニケーションを総合的、体系的に修得します。「異文化コミュニケーション研究」では、異文化コミュニケーションの分野で扱われる様々なテーマに関して基礎的な知識を学び、研究法について理解を深めると共に異文化コミュニケーション学の知見に基づいて、その理論と研究法を学びます。「ビジネス英語演習」ではビジネス英語の基本となる表現を修得するほか、国際的なビジネスに従事する上で必要となる国際経済に関する知識と語彙を学びます。また、日米比較の観点から、アメリカ文化を研究する科目として「現代アメリカ研究」があり、グローバル社会のリーダーであるアメリカの社会的文化的体系と変化についての考察を深めていきます。

<修了後の進路>

■グローバルに活躍できる企業人、ビジネスパーソン
■文化・コミュニケーション分野における研究職
■中学校・高等学校教員
■グローバル企業
■国際公務員、国際的NGO・NPO、通訳ガイド
■国内、海外の大学院博士課程進学

カリキュラム(課程修了要件、開講表など)



ビジネス日本語コース

本コースは主として留学生を対象とし、高度な日本語ビジネス運用能力を習得できるカリキュラムを用意し、日本語を武器にしてグローバル社会で活躍できる職業人を育成します。

グローバル化した社会においては、日本語による高度なビジネス・コミュニケーション能力を持ち、国際間の架け橋となる人材が必要とされています。本コースでは、高度な日本語ビジネス運用能力と問題解決能力、異文化調整力を修得できるカリキュラムで、日本語を使ってグローバル社会で活躍できる職業人を育成します。
本コースで取得できる学位は「修士(日本語)」です。日本語科目、ビジネス科目、インターンシップ、特定課題研究を中心に、実践力と研究力を身に付けます。BJTビジネス日本語能力テストも活用しています。

<修了後の進路>

■グローバル企業
■外資系企業
■国内の日系企業
■海外の日系企業
■国際ボランティアなどのNPO・NGO

カリキュラム(課程修了要件、開講表など)





言語文化専攻 博士後期課程

グローバル化の進展する現代社会においては、国を越えた交流が活発化し、物質と情報の出入が激しさを増しています。こうした世界的事象が継起する中、多文化共生や異文化理解の思想及び教育は一層重要性を増していると同時に、自国の文化や言語の振興に努め、それを世界に発信していくことが求められています。
一方、経済の発展や知識、技術の輸入・輸出をスムーズに行うため、国や企業が国内外に日本語教育を行う機関を設けていますが、ビジネス日本語の分野を研究領域として扱う大学はまだ数少なく、日本語教育の当該分野に携わる人材の不足が懸念されています。

本学は20年に及ぶ日本語教員養成の教育研究と、2006年度に開始したビジネス日本語に関する教育研究を行ってきた実績があり、博士後期課程においては、これからの時代に即した日本語教育の方法や理論を身に付け、とりわけ、ビジネス日本語教育学の高い能力を有し、日本語教員の養成や教育機関に属しての研究業務を担うことができる日本語教育学の高い研究能力を有する人材を育成します。また、グローバル化が進み、異文化を背景に持つ人々とのコミュニケーションの重要性がますます高まっている現在、異文化コミュニケーション研究を基盤にした学際的知識を持つ研究者の育成も行います。

<養成する人材像>

■多文化共生社会に対応するための研究を究め、多文化共生社会を担う卓越した異文化理解力や言語運用能力を有してグローバルに活躍する研究者
■日本の言語・文化・言語教育についての高度な専門知識と研究力、並びに教育能力を修得、さらにそれを世界に発信し、多文化共生社会における日本語教育研究や言語文化研究の深化と発展に寄与できる人材
■日本語教育・留学生教育・異文化間教育に関わる研究者
■異文化コミュニケーション、比較文化の研究者

カリキュラム(課程修了要件、開講表など)



研究指導計画、学位論文審査基準

研究科研究指導計画学位論文審査基準
言語文化研究科


PAGE TOP