武蔵野大学 > 大学院 > 環境学研究科 > 環境学研究科

kankyou-top.jpg
 

環境学研究科

学修の手引き(大学・研究科共通)

MUSCAT  ●授業期間・授業時間  ●単位と科目  ●履修計画  ●履修登録  ●授業  ●成績  ●学位(大学院) 

環境学研究科の理念・目的

21世紀の人類社会が迎える‘‘地球環境の資源の有限性と環境容量の制約’’に対応する社会システムの実現という大きな変革を長期に展望したとき、人類社会は20世紀に実現したエネルギー・資源集約型社会から、環境・資源の制約を内部化した経済活動による労働・知識集約型社会を実現した、いわゆる「持続可能な社会」に移行していかなければならない。このような移行を実現するためには、環境・経済・社会にわたる幅広い視野のもと、従来の政策や対策を超えた革新的な政策・対策が必要である。その裏付けとなる多分野にわたる社会経済の現状分析と政策・対策手段についての不断の研究活動が求められている。本研究科は、そのような時代の要求に応え、持続可能な社会づくりを通じ世界の幸せに貢献していくことを目的としている。

環境学研究科の専門家像

環境学研究科においては、持続可能な社会の実現を目指し、社会科学的アプローチと工学をはじめとする自然科学的アプローチの双方から、大きな変革を担う人材(「環境人材」)の育成を目指している。具体的には、①環境システムに関する幅広い知識を有し、地球規模から国、地方公共団体、企業、家庭に至るまでの環境負荷を総合的に低減できる能力を有する、環境マネジメントの専門家、②エネルギーを含むモノやサービスづくりにかかる環境システム設計や、生産から使用、廃棄、リサイクルまでの環境負荷の低減を実現できる能力を有する、エコプロダクツの専門家、③持続可能な社会の構築に向けた、持続可能性低下の現状分析、持続可能な発展の条件やそれを踏まえた対応のありかたなど、政策面も含めた基礎研究、応用研究に関わる研究者の育成である。

環境マネジメント専攻 修士課程

カリキュラム(課程修了要件、開講表など)





環境システム専攻 博士後期課程

カリキュラム(課程修了要件、開講表など)



研究指導計画、学位論文審査基準

研究科研究指導計画学位論文審査基準
環境学研究科
 


PAGE TOP