武蔵野大学 > グローバル・コミュニケーション学部 > グローバル・コミュニケーション学部 履修・カリキュラム

top_img_bun.jpg

カリキュラム

ディプロマポリシー

グローバル・コミュニケーション学科では、以下の要件を満たし、所定の単位を修得した者に学士(文学)を授与する。

  1. 日本人学生は英語・中国語の高度な運用能力を獲得していること。

    目標値 TOEIC 730点 中国語検定3級
    TOEIC 600点以上を卒業要件とする(2015年度入学生より)
     
  2. 留学生は日本語・英語の高度な運用能力を獲得していること。

    目標値 ビジネス日本語能力テストJ1 TOEIC 600点
    ビジネス日本語能力テスト(BJT)J2合格を卒業要件とする(2015年度入学生より)
     
  3. グローバルな教養や異文化理解能力・異文化適応能力を獲得していること。
  4. 各学年の進級基準を満たし、在学期間中のGPAが2.00以上であること。

カリキュラムポリシー

グローバル・コミュニケーション学科では、「武蔵野BASIS」と高度なアカデミック・スキルと言語運用能力の錬成を図るための専門教育によって以下のとおりカリキュラムを編成する。また、教育効果を高めるため、少人数の授業や学生が主体的にかかわるプロジェクト型の授業を中心に編成する。

  1. 必修科目の「学科基礎科目」・「学科専門科目」・「言語演習科目」
  2. 全年次で展開されているビジネス、言語、文学・文化のそれぞれの分野における「中国語科目群」、「英語科目群」、「日本語科目群」(必修選択)と自由選択科目





PAGE TOP