武蔵野大学 > グローバル学部

sub_img_bun.jpg

グローバル化と高度情報化により、多様な人々や多文化との関わりが日常化し、多言語・多文化への対応が必要とされる現代。英語・中国語などの外国語力だけでなく、日本語や日本文化をグローバル社会に発信できる能力、ビジネス社会で活躍できる力など、より高度で多面的な専門力を持ち、コミュニケーション力を備える人材が要求されています。グローバル学部では、日本人学生と外国人留学生がともに学びながら、欧米とアジアの2大経済圏を席巻する英語と中国語の高度な運用力と、 グローバルな視点から問題発見・課題解決ができる力を習得。複数の言語を駆使しながら多様な文化を十分理解し、ビジネス、学術の分野における文化的・社会的・経済的発展にグローバルに活躍できる人材を育成します。

ディプロマ・ポリシー

【ディプロマ・ポリシー概要・育成する人材の方針】

多文化共生の時代において、複数の外国語の運用能力と異文化コミュニケーションに関わる知識を身につけ、異文化を背景に持つ人々との協働作業を通して、多様な価値観を十分に理解できるようになるための教育を行うのが、本学科の特徴です。そして、グローバル化の時代にふさわしい文化的・社会的に活躍できる人材を育成することが目標です。特に、仏教精神に見られるような他者への寛容な態度に基づく、異文化コミュニケーションの視点を学ぶことによって、これからの時代に欠かせない柔軟な思考や態度を身につけた人材を育てます。また、外国語の高い運用能力を獲得し、様々な文化背景を持つ人々とのコミュニケーションを行いながら、問題発見や課題解決の能力も身につけることも目標です。以上のような、グローバルな教養や異文化理解能力、異文化適応能力を身につけます。

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

自ら教養・基礎学力を修得し、自立的・主体的に学ぶことができる。【教養・基礎学力】
文化、コミュニケーション学、言語学などの知見を理解し、そこから見えてくる問題点を分析できる。【専門能力】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

様々なグローバル・イシューについて、何が問題なのかを理解し、その解決に取り組むことができる。【課題発見力】
日本人学生と留学生がともに学ぶことにより、課題やテーマ設定を学生自らが行い、様々なリサーチを実現していくことができる。【主体性・実行力】

思考・判断【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

外国語を学修することは、母語とは違う構造や文法を持つ言語に対して、論理的に向き合うことである。そのことによって、固定観念にとらわれない、柔軟な思考様式を身につけることができる。【論理的思考】
課題について、学生自らが主体的に調査・研究し、その課題を解決できる。【課題解決力】
異文化コミュニケーションを学ぶことにより、世界中の様々な論理や思考、さらには、文化差を理解することができる。【創造的思考力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

 日本人学生は、英語と中国語の高度な運用能力を身につけ、留学生は、日本語と英語の高度な運用能力を身につける。【語学力・コミュニケーション力】
外国語を徹底的に学ぶことにより、自分の考えをしっかりと組み立て、それを他者に説得力を持って語ることができる。【表現力】





ディプロマ・ポリシー

【ディプロマ・ポリシー概要・育成する人材の方針】

多文化共生の時代において、複数の外国語の運用能力と異文化コミュニケーションに関わる知識を身につけ、異文化を背景に持つ人々との協働作業を通して、多様な価値観を十分に理解できるようになるための教育を行うのが、本学科の特徴です。そして、グローバル化の時代にふさわしい文化的・社会的に活躍できる人材を育成することが目標です。特に、仏教精神に見られるような他者への寛容な態度に基づく、異文化コミュニケーションの視点を学ぶことによって、これからの時代に欠かせない柔軟な思考や態度を身につけた人材を育てます。また、外国語の高い運用能力を獲得し、様々な文化背景を持つ人々とのコミュニケーションを行いながら、問題発見や課題解決の能力も身につけることも目標です。以上のような、グローバルな教養や異文化理解能力、異文化適応能力を身につけます。また、日本語を母語とする学生はTOEIC600点以上の獲得、留学生はビジネス日本語能力テスト(BJT)J2合格を卒業要件としています。

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

自ら教養・基礎学力を修得し、自立的・主体的に学ぶことができる。【教養・基礎学力】
英文学、アメリカ研究、応用言語学、社会言語学、異文化コミュニケーション学などの知見を理解し、そこから見えてくる問題点を分析できる。【専門能力】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

様々なグローバル・イシューについて、何が問題なのかを理解し、その解決に取り組むことができる。【課題発見力】
日本人学生と留学生がともに学ぶことにより、多文化共修科目である、グローバルプロジェクト等を通して、課題やテーマ設定を学生自らが行い、様々なリサーチを実現していくことができる。【主体性・実行力】

思考・判断【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

外国語を学修することは、母語とは違う構造や文法を持つ言語に対して、論理的に向き合うことである。そのことによって、固定観念にとらわれない、柔軟な思考様式を身につけることができる。【論理的思考】
課題について、学生自らが主体的に調査・研究し、その課題を解決できる。【課題解決力】
異文化コミュニケーションを学ぶことにより、世界中の様々な論理や思考、さらには、文化差を理解することができる。【創造的思考力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

日本人学生は、英語と中国語の高度な運用能力を身につけ、留学生は、日本語と英語の高度な運用能力を身につける。【語学力・コミュニケーション力】
外国語を徹底的に学ぶことにより、自分の考えをしっかりと組み立て、それを他者に説得力を持って語ることができる。【表現力】




ディプロマ・ポリシー

【ディプロマ・ポリシー概要・育成する人材の方針】

日本語コミュニケーション学科では、グローバル化、多文化共生化が進む世界の中で、外国語と母語のコミュニケーション力、異文化コミュニケーション力を備え、地球規模で広く物事を見、考えながら、日本語教員やブリッジ人材としての実践力と、日本語と日本を発信する専門性、そしてチャレンジ精神を有する人材を育成します。
授業は留学生と日本語を母語とする学生の多文化共修です。また、アクティブラーニングの参加型なので日々、質問力、コメント力を含むコミュニケーション力が磨かれます。

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

自ら教養・基礎学力を修得し、自立的・主体的に学ぶことができる。【教養・基礎学力】
先端的な日本語教育を実践できる。【日本語教育の専門性】
日本語を使って母国と日本をつなぐ仕事を行うことができる。【留学生:ビジネス日本語の専門性】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

自らを他者や社会との関わりのなかで捉え、多様な価値観を認めることができる。【自己認識力・他者理解力】
グローバルな視野で日本語コミュニケーションに関する課題を発見することができる。【課題発見力】
積極的に社会に働きかけて、最後まで行動していくことができる。【主体性・実行力・ストレスコントロール力】
地球規模で広く物事を見、考えることを通して、様々な発信ができる。【人格形成・使命感】

思考・判断【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

自ら積極的に情報収集を行い、問題に対して論理的に思考し、多角的に判断できる。【情報分析・論理的思考・判断力】
自らテーマを発見し、仮説を立てながら、調査、分析し、課題を解決できる。【課題解決力】
制約された条件に対応した解答を思考できる。【創造的思考力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

日本語および外国語を用い、的確に読み、書き、聞き、他者に伝えることができる。【語学力・コミュニケーション力】
自らの考えを明確かつ論理的に組み立て、文書や、図解等を用いて論文や報告書にまとめて発表することができる。【表現力】
他者の話を傾聴し、協働し、目標実現のために方向性を示し実行することができる。【傾聴力・チームワーク・リーダーシップ】





Diploma Policy/ディプロマ・ポリシー

【ディプロマ・ポリシー概要・育成する人材の方針】

建学の精神である仏教精神に基づき、グローバルな視野を持ち、経営学を体系的に理解し、組織における経営資源の創造的かつ効率的マネジメントを学び、グローバル社会の発展に貢献できる人材を育成します。
広く深い教養を養い、英語を中心として中国語・日本語の運用能力を高め、異なる文化背景を尊重しながら世界の価値観を共有しつつ、日本国内外を問わず活躍できる人材を世に送り出します。
ビジネス専門科目においては、経済学・経営学などの知識を修得した上で、実務における戦略的問題解決案を創造し実行できる考え方と方法論を身につけた人材を育成します。

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

自ら教養・基礎学力を修得し、自立的・主体的に学ぶことができる。【教養・基礎学力】
英語を用いて専門能力を発揮できる。経済を見る目を養い【経済学】、組織をマネジメントし【マネジメント】、財務・会計数値を用い【会計】、顧客に価値を提供する【マーケティング】力を修得する。【専門能力】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

異なる文化的背景を持つ他者の考えを理解し、自分の考えを伝えることができる。【自己認識力・他者理解力】
論点を見つけ、リサーチ課題を発展させることができる。【課題発見力】
主体的にコミュニケーションを取り、リーダーシップを発揮しながら、課題を解決することができる。【主体性、実行力、ストレスコントロール力】
人間尊重の倫理・道徳観を身につける。【人格形成・使命感】

思考・判断【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

経営戦略的思考に基づき、社会ないし組織全体の視野から、仮説立案・検証できる。【情報分析力・論理的思考力・判断力】
授業やゼミを通じて身につけたアイデア・方法を用いて、数値に基づき多角的な観点からマネジメントの問題を分析しながら自己の提案をすることができる。【課題発見力】
経営問題を様々な切り口で解析し、独自の対策案を提案できる。【創造的思考力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

英語・中国語・日本語を活用し、多様な価値観の理解を踏まえて、異文化環境に適応できる。【語学力・コミュニケーション力】
英語・中国語・日本語を用い、自分の考えを明確かつ論理的な文章にまとめることができる。分かりやすく発表できる。【表現力】
「傾聴」「共感」「気づき」を基に、対話を通じて他者と協力し、目標実現に取り組むことができる。【傾聴力・リーダーシップ・チームワーク力】




 
PAGE TOP