武蔵野大学 > 法学部 > 学修の手引き > 履修計画

履修計画

履修計画(学部)

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)やカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)に基づいて、卒業所要単位や開講科目が定められています。履修登録にあたっては、進級・卒業の要件をしっかりと確認するとともに、自己の興味・関心、目指す進路に沿って効果的に学べるように履修計画を立てる必要があります。履修要覧の各学科のページに掲載されているカリキュラムマップや履修モデルを参考にしながら、卒業所要単位表、開講表、シラバス、履修上限単位数(CAP)、時間割表を確認して自身の履修計画を立ててください。

■卒業所要単位表、開講表

各学科の「卒業所要単位表」には武蔵野BASISと学科科目の科目区分(必修・選択必修・選択)において必要な単位数を記載しています。履修する科目がどの区分のものか、よく確認して履修登録を行ってください。「開講表」は各学科の科目(武蔵野BASIS、学科科目)の一覧です。開講表には、科目番号(ナンバリング)、授業科目、開講学年、単位数、履修条件等の情報が記載されています。

※卒業要件や開講科目は、同一の学科でも入学年度によって異なる場合があります。必ず、入学年度の卒業所要単位表を確認してください。

■カリキュラムマップ

カリキュラムマップは、学科のカリキュラム(教育課程)の全体像をナンバリング等に基づき、体系的に整理して図式化したものです。カリキュラムを俯瞰的に捉えることにより、科目の順序や関連性をより理解することができます。

■履修モデル(該当学科のみ)

履修モデルは、学科の人材育成の目標に沿って、学びの分野に応じた代表的な履修例を示したものです。時間割の都合や人数制限のため、モデル通りの履修を保証するものではありませんが、これを参考にしながら、卒業所要単位、CAP、履修条件を確認し、自身の履修計画を立ててください。

■時間割表

科目の曜日・時限、担当教員、開講キャンパス、開講学期、開講形態(週2回授業、2時限連続授業など)については、学科別の時間割表を確認してください。集中授業の日程に関しては、集中授業の時間割表を確認してください。なお、履修登録科目はMUSCATのMy時間割で確認することができます。
 

シラバス

シラバスは、科目の到達目標や授業の概要、各回の授業計画を示すものです。到達目標は、ディプロマ・ポリシーに基づき、その科目において修得すべき知識、関心・態度、スキル等を定めたものです。また、シラバスには、テキストや参考書、各回の予定する授業内容、予習・復習の指示など、授業の準備に必要な情報が記載されています。科目の選択や授業の準備にあたっては、シラバスを必ず確認してください。

<シラバスの記載内容>

(1)到達目標
① 知識・専門性の到達目標
② 関心・態度・人格の到達目標
③ 思考・判断の到達目標
④ 実践的スキル・表現の到達目標
(2)授業の概要
(3)成績評価の方法
(4)テキスト、参考文献
(5)備考(履修条件、その他の留意事項)
(6)予習・復習
(7)授業計画(各回の授業と予習・復習の内容・時間)

テキストの準備

テキストはシラバスで確認できます。指定のない場合は、初回の授業で担当教員の指示に従ってください。

<テキスト販売> 

紀伊国屋書店の専用Webサイト(MykiTs)から購入手続きを行い、自宅郵送または学内書店で受取りができます。詳しい販売方法はMUSCATを確認してください。

 
PAGE TOP