武蔵野大学 > 環境学部 > 武蔵野BASIS -全学共通基礎課程について-

top_img_hou.jpg

【武蔵野BASIS】とは

武蔵野大学では、全学生が1年次を武蔵野キャンパスで過ごし、全学共通の教養教育プログラム「武蔵野BASIS」を履修します。「武蔵野BASIS」では、BASISという名称のとおり、大学での学修の共通基盤となる知識と技法を修得します。それとともに、基礎教養科目として人文・社会・自然の諸分野を学ぶことにより、広い視野を備えた優れた人格の形成を目指します。「武蔵野BASIS」で身につけた「知の土台」を、各学部の専門課程での学びと有機的につなげれば、自らを大きく成長させ、社会で活躍するための力となる「アクティブな知」が獲得できるでしょう。自身の「知」を拡げ、「可能性」を伸ばす「武蔵野BASIS」の学びが、みなさんを待っています。


≪【武蔵野BASIS】科目群と内容≫

 科目名等身につく力
心とからだ建学本学の建学の精神を学び、高い倫理観と慈悲の心を身につける
健康体育正しい身体動作の方法と意義を、実技を通して学習する
 科目名等身につく力
学修の基礎情報調査、研究、成果発表などに必要なコンピュータ活用力を修得する
日本語リテラシー伝えたいことを誤解なく伝えられる日本語の文章作成能力を修得する
 科目名等身につく力
外国語必修英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語からいずれか一言語を選択(英語は習熟度別。その他は初修外国語として学ぶ)
選択ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語のいずれかを選択
 科目名等身につく力
自己理解・他者理解基礎セルフディベロップメント
発展セルフディベロップメント
多様な価値観や多角的な視野を修得する
 科目名等身につく力
キャリア開発キャリアデザインプログラム豊かな人生を送るための力を養う
フィールド・スタディーズ学外での体験を通して、自らの可能性と将来の進路を考える


《基礎セルフディベロップメント》

基礎セルフディベロップメントは、学部学科の枠を超えたクラス編成で、「思想・芸術」、「国際・地域」、「社会・制度」、「人間・環境」、「物質・生命」、「数理・情報」の6分野を、それぞれの専門家による講義と討論を通して学びます。広い視野の獲得とすぐれた人格の形成を目指します。

 




≪フィールド・スタディーズ≫

1年次の必修科目(一部学科を除く)として、入学直後の2学期を中心(7月~夏休み)に1週間~1ヶ月間程度学外で学ぶ長期学外学修プログラム(武蔵野BASIS フィールド・スタディーズ)を実施しています。 本学で学ぶ学生一人一人が「アクティブな知」を獲得し、創造的に思考・表現する力を備えて、世界の課題に立ち向かう人材へと成長して社会に巣立っていけるよう、本科目を設定しています。
本科目は、海外・国内合わせて約80のプログラムから希望するプログラムを選択することが可能です(一部学科を除く)。 学科横断で実施する本学独自の教育プログラムである武蔵野BASIS科目の一つです。
具体的には、海外や国内各地に行き、地域活性化支援、観光振興支援、地域福祉支援、地元産業支援、専門分野のフィールドワーク、インターンシップ等を行う学外学修と本学専任教員による事前・事後学修を通じた実りあるアクティブ・ラーニングを実践し、従来の大学にはなかった学びの機会を提供します。


■長期プログラム(2学期~夏休みの1カ月間)
プログラム例:
ブッダ慈悲の道(インド、ミャンマー、タイ)
作陶における伝統の創造
秋田県鹿角市 商店街元気UP&移住者支援体験プロジェクト
エリアプロモーション入門プログラム
Summer Study at the University of Texas at Austin
留学プログラム(イギリス)グロースターシャー大学 

■短期プログラム(夏休みの1週間)
海外プログラム例:
バンコク・きらめく仏塔の都
USA Los Angeles(グローバルキャリア育成プログラム)
USA Los Angeles(医療・福祉施設視察研修)
CANADA・EDMONTON(オーロラ)
国内プログラム例:
京都・西本願寺を中心とした仏教フィールドワーク
武蔵野地区空き家等状況調査
身近なバリアを探る in 共生社会ホストタウン 山口県宇部市
北海道東川町役場 地方行政フィールドワーク
秋田県上小阿仁村 活性化支援プロジェクト

※プログラムラインナップは、変更となる場合があります
※活動内容等詳細は、https://www.musashino-u.ac.jp/academics/basic/career_education.htmlに掲載

フィールド・ワーク・スタディーズ
 
PAGE TOP