武蔵野大学 > 経済学部

sub_img_hou.jpg

経済学部では経済によって学んだ普遍的・科学的方法と知見を活かし、景気や雇用情勢、貧困や格差の拡大、地球環境問題の深刻化など、現実の社会で起きているさまざまな問題の原因と実態を解明し、さらにその改善策・解決策を考えていきます。それは建学の精神を基盤に、人類の持続的発展と幸せを追求することでもあります。経済学部は、冷静な頭脳と温かな心、明晰な論理性と豊かな感受性の双方を持った学生を育成し、社会に貢献できる人材を送り出すことをめざしています。

ディプロマ・ポリシー

【ディプロマ・ポリシー概要・育成する人材の方針】

現代社会における様々な経済現象を、理論的・実証的に分析・理解することを通して、急速な勢いでグローバル化の進む世界に対する深い洞察力・正確な判断力を養うことを教育目的にしています。
現代の経済学がカバーする領域はかなり広範囲に渡りますが、経済学の基礎的な知識を十分に吸収し、多岐にわたる経済学の諸分野に積極的に取り組む意欲を育みます。
日本は失われた10年(あるいは20年)という不況の時代を経験し、その経済力はかつての勢いを失ってきています。その日本を取り巻く国際社会は今後ますます複雑化していくことが予想されます。本学の建学の精神を基に健全な倫理観を持って国際社会で活躍し、より良い社会の実現に貢献のできるような人材を育成していきます。

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

自ら教養・基礎学力を修得し、自立的・主体的に学ぶことができる【教養・基礎学力】
多岐にわたる社会科学に接し、社会分析に必要となる広い知識・基本的な考え方を修得している【教養・基礎学力】
現代経済の諸現象を読み解くことのできる専門的知識や視点を修得し、論理的に考える力を身につけている【専門性能力】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

グラフや表から経済現象の特徴・変化を読み取り、現代社会の問題点を検討できる能力を修得している【課題発見力】
グローバル社会の中で主体的に自分の意見の発信力、柔軟な考え方、またストレス耐性を身につけている【主体性・実行力・ストレスコントロール力】
本学の建学の精神を基に健全な倫理観、使命感を持って社会の発展に貢献できる【人格形成・使命感】

思考・判断【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

ビッグデータ等に対応できる統計理論を理解し統計処理の方法を修得している【情報分析・論理的思考・判断力】
複雑な相互関係からなる現代経済の諸問題について、理論的・統計的・歴史的な観点から総合的に考えることができる【課題解決力】
経済理論と統計的方法を使って、経済社会の諸問題についての解決策を提案できる【創造的思考力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

海外の経済状況に関心を持ち、議論できる【コミュニケーション力】
自らの考えを論理的に構成・整理し、伝える、意見交換ができる【ディスカッション力】
専門的知見を生かした研究成果をわかりやすくまとめ、報告できる【表現力】
グローバル社会の中で、多様な文化を理解し、他者と協力し、社会活動を牽引できる【傾聴力・チームワーク・リーダーシップ】




経済学科 育成プログラム


ディプロマ・ポリシー

【ディプロマ・ポリシー概要・育成する人材の方針】

【育成する人材】 広い視野と優れた人格を持ち、経営学を中心とした社会科学の知識と技能を活用して自己の願いや世界の幸せの実現に向けて挑戦できる人材を育成する。
【教育の目標】「学びの能力」に関しては、経営学を中心とした社会科学の専門的な知識や技能ならびに幅広い教養を修め、自ら学び続ける意欲と力を身につける。
「他者と自己の理解、自発性」に関しては、自他の価値観や文化を尊重する姿勢と、問題意識や好奇心を持って世界を眺める姿勢を身につけ、立派な職業人たりえる人格を養う。
「課題の多角的理解と創造性」に関しては、自ら課題を感じ取り、課題解決に向けた情報収集・論理的分析・創造的思考に関わる能力を身につける。
「多様な人々の中での表現力」に関しては、他者と十分な意思疎通を行う力と、集合的な目的達成に向けて自他の意思や価値観を尊重しながら自らの役割を見つけて貢献する力を身につける。

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

自らの知識や教養を高める意欲を持ち、自立的・主体的に学ぶことができる【教養】
経営学を中心とする社会科学の知識や技能を体系的に修得し、課題発見や課題解決に活用することができる【専門能力】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

「共生」の意味を理解し、自他の価値観や文化を尊重することができる【他者理解力】
常に問題意識や好奇心を持って世界を眺め、取り組むべき課題を見つけることができる【課題発見力】
社会において責任ある意思決定を行い、臨機応変に調整しながら貫くことができる【実行力】
職業人として恥ずかしくない人格、倫理感、使命感を有している【使命感】

思考・判断【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

必要な情報を自ら収集し、吟味し、論理的に分析し、根拠を持って判断を下すことができる【判断力】
取り組むべき課題を調査し、理解し、論理的に分析し、根拠を持って解決策を考えることができる【課題解決力】
固定概念や成功体験にとらわれず拡散的・創造的に思考することができる【創造的思考力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

適切な表現手段や道具を用いて他者と意思疎通をはかることができる【コミュニケーション力】
集合的な目的達成に向けて、自他の意思や価値観を尊重しながら自らの役割を積極的に果たすことができる【チームワーク力】



経営学科 育成プログラム


ディプロマ・ポリシー

【ディプロマ・ポリシー概要・育成する人材の方針】

会計基準の国際化、会計税務の法令の複雑化など、会計をとりまく課題は増加すると言われています。本学では現場で必要とされる今日的課題を学び、即戦力を養うとともに会計を主軸とした多様な学問領域を用意。こうした社会的ニーズに即対応できる人材を育成します。具体的には「簿記」「管理会計」「財務会計」などの会計学を軸に、多様な組織の会計や、組織を活かすための理論を学びます。学士課程教育を通じて「知識・専門性」「関心・態度・人格」「思考・判断」「実践的スキル・表現」の4観点10項目の知識を身に付け、取り組むべき社会的課題を自ら発見し、状況の改善や危機管理に活かすことのできる人材を育成します。会計数字の背景を読み取る力、会計情報を経営に活用する手法を学び、経営を理解できる会計のスペシャリストを育成します。

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

自ら教養・基礎学力を修得し、自律的・主体的に学ぶことができる【教養・基礎学力】
会計学・ガバナンス論等の分野における基礎学力を習得している【基礎学力】
会計学・ガバナンス論等の分野における専門知識を体系的に習得し、現実の経営事象を理解分析できる【専門能力】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

取り組むべき社会的課題を自ら発見し、状況の改善や危機管理に生かすことができる【課題発見力】
自らの判断で、社会において責任ある意思決定ができる【主体性・実行力】
職業人として恥ずかしくない人格、倫理、使命感を有している【人格形成・使命感】

思考・判断【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

必要な情報を自ら収集し、論理的に分析することができる【情報分析・論理的思考】
経営上の課題に対して自ら状況を分析し、解決策を提示することができる【課題解決力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

自らの思考を、必要に応じ文章、図表、情報機器などを用いて的確に表現できる【表現力】
組織において他者の意思を尊重しながら、全体をまとめ、リーダーシップを発揮できる【傾聴力・リーダーシップ力】



会計ガバナンス学科 育成プログラム





 
PAGE TOP