武蔵野大学 > 教育学部

sub_img_bun.jpg

子どもは、ヒトとして生まれ、家庭や園・学校そして社会という「環境」の中で、多くの人や物とかかわりながら「人」として育っていきます。子どもたちが「人」として育つ上で大きな影響を与える環境の一つが、保育・教育です。教育学部では、家族や社会、保育所、幼稚園、学校などで行われている保育とは何か、教育とは何かを追求していきます。また、保育・教育は、いつの時代もどこにいても変わらない普遍的なものもあれば、時代や場所によって変化したり異なったりするものもあります。それらについて追求する学問が教育学であり、それを研究するステージが、教育学部です。

ディプロマポリシー

【ディプロマポリシー概要・育成する人材の方針】

児童教育学科では、子供を取り巻く環境が変化する今日において、乳幼児期から青年期までの発達の見通しを持ち、子供や家庭そして社会のもつ問題を理解し、子どもの保育・教育に貢献する人材を育成します。専修ごとに保育士資格、幼稚園教諭免許、小学校教諭免許、中学校教諭免許、高等学校教諭免許が取得できるカリキュラムを設け、保育・教育を学ぶものが共に学修できます。子供の成長を長いスパンで見通すことで、知識や技術を教授するだけではない広い視野と豊かな人間性をそなえた保育・教育者の専門家の育成を目指します。

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

・自ら教養・基礎学力を修得し、自立的・主体的に学ぶことができる【教養・基礎学力】
・自ら子供の成長や発達を理解し、社会環境の変化に対応できる知識と実践力を見につけている。【専門能力】
・自ら保育・教育の原理や方法を身につけ、集団的及び個別的に実践できる専門的能力を修得している。【専門能力】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

・自ら問題意識を持ち、保育・教育を実践することができる。【主体性・実行力】
・社会に貢献できるような柔軟性と心身を自己管理する力を身につけている。【ストレスコントロール力】
・保育者・教育者としての倫理観、使命感を持っている。【人格形成・使命感】

思考・判断【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

・自ら幅広い分野の知識を身につけ、保育・教育状況を多角的、論理的に分析できる。【情報分析・論理的思考力】
・様々な保育・教育の状況に応じて、新たな方法を模索することができる。【創造的思考力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

・保育・教育場面で言語・非言語メッセージを読み取り、豊かなコミュニケーションができる。【コミュニケーション力】
・保育計画を立て、環境や援助に表すことができる【表現力】
・授業計画を立て、教材や授業に表すことができる。【表現力】
・自らの考えを明確に話したり、書いたりすることができる。【表現力】








PAGE TOP