世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 大学院 > 仏教学研究科 > 履修モデル

履修モデル

仏教学研究科

  履修科目 修士課程修了後の進路
Ⅰ 高度な職業人の育成:人間学、仏教学、宗教思想・文化等を幅広く身に付け、仏教や宗教関連分野で先導的な役割を担う人材の養成、また、教育関連の職業領域に従事する人材の養成。 人間学特講、仏教史特講、仏教学特論、人間倫理特論、インド思想特講、インド仏教特講、インド語仏教文献講読、中国仏教特講、仏教文化特講、外国語仏教文献講読、現代仏教特殊研究など 仏教(寺院・宗派)関係職、宗教関連各種団体職、ターミナルケア・ホスピス関係職、社会教育領域関係職、博士後期課程へ進学
Ⅱ 仏教精神を基盤として社会実践活動に取り組む人材の養成:仏教思想や仏教的倫理観を基盤としながら、現代社会の諸問題に向き合おうとする実践者の養成。 人間学特講、仏教史特講、人間倫理特論、ターミナルケア特論、インド仏教特講、中国仏教特講、東南アジア仏教特講、近代仏教特講、現代仏教特殊研究など 仏教(寺院)関係職、公的機関関係職、NPO団体関係職、ターミナルケア・ホスピス関係職、博士後期課程へ進学
Ⅲ 浄土真宗関係者の養成:仏教関連分野のなかでも、特に浄土真宗関連の分野で活躍する人材の養成 人間学特講、仏教史特講、浄土教特講、真宗概論、真宗史、浄土教理史、真宗学特講、近代仏教特講、現代仏教特殊研究など 浄土真宗(寺院・宗派)関係職、博士後期課程へ進学

仏教学専攻では、以下のような能力・意欲を有する者を求める
1.仏教学、仏教文化及び仏教的事象に広く関心を有する者
2.現代社会が直面する諸課題に対して仏教の知見に基づいてその解決・対処の方策を見いだそうと希求する者
3.現代社会における仏教寺院や僧侶の実践的活動に関心を有する者