世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 大学院 > 法学研究科 > 法学研究科ビジネス法務専攻博士後期課程

法学研究科ビジネス法務専攻博士後期課程

Doctoral Program in Business Law

ビジネス法務のレベルを高められる、実務に通じた研究者の養成に加えて、ビジネスの現場において起業家のサポートやビジネスの拡大に伴うリスクの発見・分析等を行う、いわゆる予防法務・戦略法務に携わる法務人材を指導・育成できる実務家教員を養成します。
新たな社会の潮流に対応する新しいビジネススキームを開発・創造できるビジネス法務人材のニーズは急速に高まってきています。一方、こうしたビジネス法務人材を指導・育成できる教育の場も需要が高まってきていることから、本課程では、実務経験を通して得られた知見を学問的に体系化させ、実務家教員に求められる教育・指導能力や研究能力を養います。(武蔵野大学は、令和元年度より、文部科学省の「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」において「実務家教員COEプロジェクト」(中核拠点校:社会情報大学院大学)の連携校に採択されています。)

カリキュラム(課程修了要件、開講表など)

研究指導計画、学位論文審査基準

研究科 研究指導計画 学位論文審査基準
法学研究科