世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 学部 > 看護学部 > カリキュラム > 看護学科

看護学科

Department of Nursing

ディプロマ・ポリシー Diploma Policy

【ディプロマ・ポリシー概要・育成する人材の方針】
慈悲の心をもった心のケアのできる質の高い人材を育成していきます。
(1)豊かな人間性と倫理観を備えた人材の育成: 人間の生命と生活を尊重し、人の生・老・病・死に寄り添い、痛みや苦しみ、喜びや楽しみを共に分かち合える豊かな人間性と倫理観を養います。
(2)看護学に求められる社会的使命を遂行し得る人材の育成: 看護職の責務が拡大するなか、専門的知識・技術に基づき倫理的判断力と科学的思考に支えられた実践能力を養います。
(3)ケア環境とチーム体制の整備能力を備えた人材の育成: 保健・医療・福祉等について総合的視野を持ち、関連領域の専門家やチームと連携・協力できるチームリーダーや調整者としての基礎的能力を養います。
(4)国際社会でも活躍できる人材の育成:国際的な視野から、保健・医療・福祉にかかわる課題と看護の機能と役割をふまえ、国際社会でも活躍できる基礎的能力を養います。
(5)自己研鑽し、看護実践を改革しうる人材の育成:広く社会から期待される看護の実践と充実に向けて研究成果を適用し、実践の改革ならびに看護学の発展をめざし、自己研鑽を継続できる基礎的能力を養います。

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】
自ら教養・基礎学力を修得し、自立的・主体的に学ぶことができる【教養・基礎学力】
看護学の知識・技術・態度について体系的に修得し、臨床の場で適切に適用することができる【看護学の専門性】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】
人々の生命、価値観や信条、生活を尊重し、人々の尊厳や人権を擁護する行動がとれる【人権の尊重】
グルーバルな視点で保健・医療・福祉・看護にかかわる多様な課題を見出すことができる【課題発見力】
看護の対象に対して積極的に関わり、必要とされる援助を計画・実施・評価することができる【主体性・実行力】
看護専門職者として社会から期待される看護実践を遂行できるよう、自己研鑽できる基礎的能力を修得する【人格形成・使命感】

思考・判断【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】
看護現象について積極的に情報収集し、論理的に情報を解釈・分析・統合し、課題を妥当に判断できる【情報分析・論理的思考・判断力】
課題に対し、エビデンスに基づいて目標設定・解決策を立案することができる【課題解決力】
制約された条件の中で、課題に対する多様な解決策を発想できる思考を修得する【創造的思考力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】
相手の意見を傾聴し、アサーティブなコミュニケーションをとることができる【コミュニケーション力】
自らの考えや看護実践を、論理的にわかりやすくまとめて表現することができる【文章力・討議力・プレゼンテーション力】
リーダーシップを理解したうえでチームメンバーとして、対象となる人々の目標達成に向けて協調・協働することができる【チームワーク】

カリキュラム情報 Curriculum Information