世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 大学院 > 仏教学研究科 > 仏教学専攻 博士後期課程

仏教学専攻 博士後期課程

Doctoral Program in Buddhist Studies

大学院仏教学研究科では、建学の根幹である仏教精神に則り、仏教に対する高度に専門的な知識を修得するとともに、仏教にかかわる関連分野についても広く関心を有する人材の育成を目指しています。仏教学が永く培ってきた深い知見を基盤としながら、現代社会の直面する諸課題に対していかに応答するのかという問題意識を常に大切にしながら教育・研究が行われます。

建学の根幹である仏教精神に則り、仏教学に対する高度に専門的な知識を修得し、さらにその深奥を究めて、文化・思想の進展に寄与する人材の育成を目指します。また、人類が直面する文明的危機、歴史的・社会的諸課題に対して、仏教の真理観、人間観に立って実践的に解決できる人材の育成を目指します。

■カリキュラム(課程修了要件、開講表など)

研究指導計画、学位論文審査基準

研究科 研究指導計画 学位論文審査基準
仏教学研究科