世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 大学院 > 文学研究科 > 日本文学専攻 修士課程

日本文学専攻 修士課程

Master’s Program in Japanese Literature

充実した教員陣の指導の下で古典から近現代まで、各時代の文学、伝統芸能に関する科目を中心に、豊かな教養と高い研究能力を身に付けます。文芸創作、児童文学、比較文学、史学古文書研究などの専門分野と、国語教育等の関連科目を幅広く配置し、広い視野を持って自己のテーマの研究に取り組むことができるカリキュラムを用意しました。また能楽資料センター、武蔵野文学館、日本文学研究所などの関連研究機関の公開講座なども利用できます。

履修科目の概要

古典文学研究1AB(和歌文学・物語文学研究)
古典文学研究2AB(歴史文学・漢文学研究) 
古典文学研究3AB(古代文学・民俗学研究)
近代文学研究AB
現代文学研究AB
文芸創作研究AB
伝統文化研究1AB(能・狂言・歌舞伎研究)
伝統文化研究2AB(能・狂言・歌舞伎研究)
伝統文化研究3AB(書道)
比較文学研究AB
史学古文書研究AB
修士論文演習
修士論文(研究指導)

育成する人材

本専攻では、日本文学に関する総合的・体系的な学識を持ち、日本文学や伝統文化の研究者や、その知識を活用して日本文学や伝統文化に根ざしたメディア、出版業界、あるいは国語、書道の中学校、高等学校の教育現場等において、高度な専門性を発揮できる人材を育成します。また幅の広い教養と知識を活かして、一般企業にも多くの人材を送り出しています。

カリキュラム(課程修了要件、開講表など)

研究指導計画、学位論文審査基準

研究科 研究指導計画 学位論文審査基準
文学研究科