世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 大学院 > 看護学研究科 > 看護学研究科 博士後期課程

看護学研究科 博士後期課程

Doctoral Program in Nursing

看護学の学術研究を通して社会に貢献できる教育者や研究者の育成や、保健・医療・福祉等の分野において、看護専門職としてマネジメント能力を発揮できる倫理観に富む人材の育成が求められています。
これらの社会的ニーズに応えるため、現職の看護職者を含む3年以上の看護実務経験を有し、看護系等の大学院の修士課程を修了している社会人を主な対象として、本学の建学の精神である、仏教精神に基づく人格教育の理念のもと、人格的にも高潔な教育・研究者や看護実践のリーダーの育成を目指しています。
本専攻博士後期課程では『母子看護学領域』『地域看護学領域』『成人・精神看護学領域』『看護教育・管理学領域』の4領域を設け、教育・研究者を育成します。

カリキュラム(課程修了要件、開講表など)

研究指導計画、学位論文審査基準

研究科 研究指導計画 学位論文審査基準
看護学研究科