世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 学部 > 学部共通カリキュラム > 副専攻(AI活用エキスパートコース)

副専攻(AI活用エキスパートコース)

副専攻について

大学で学ぶ専門分野は、一般に専攻と呼ばれ、通常は所属する学部・学科で一つの専攻を学びます。武蔵野大学では、所属する学部・学科で学ぶ専門分野を主専攻とし、それに加えて異なる種類の専門を学ぶことのできる副専攻を用意しています。
副専攻の選択は必須ではありませんが、主専攻と副専攻を合わせて学ぶことで、将来の活躍の幅を広げることができます。副専攻に参加するためは、入学後に特定の科目の修得などの条件を満たす必要があります。

AI活用エキスパートコース

現在、武蔵野大学の副専攻としてAI活用エキスパートコースが用意されています。このコースでは、データサイエンスや人工知能(AI)を活用する専門知識とスキルを学びます。
AI活用エキスパートコースの特徴は、AIの技術自体について深く学ぶよりも、AIの特性を理解し、広く利用できるAI活用力の獲得を重視するところにあります。
このコースには、専門性の重なりが大きいデータサイエンス学科を除く全学科の学生が参加することができます。
武蔵野大学のAI活用エキスパートコースでは、文部科学省が認定する「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に認定された科目*を含むカリキュラムを提供しています。

*「データサイエンス基礎」と「人工知能基礎」が該当。

育成する人材

所属する主専攻で学んだ専門知識とAI活用力を使って、変化し続ける社会の中で、様々な困難な課題を解決し、より良い未来を作り出すことのできる人材の育成を目指しています。
AIを活用するために、AIによって変化する社会の展望、AIを使ったサービスの構想、実現のためのプログラミングやメディアの知識、様々な関係者の理解と協力を得るための情報技法を、実践的な授業を通じて身につけます。

認定制度

AI活用エキスパートコースでは、コースカリキュラムの中の特定科目の単位修得などの要件を満たすことで、コースの修了を認定し公式の認定証を発行します。

コースのカリキュラム構成、科目の内容コースへの参加要件、修了認定の要件、についての詳しい内容は、下記の一覧ならびに「副専攻(AI活用エキスパートコース)の紹介ページ」を確認してください。

2022年度入学生

2021年度入学生