世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 学部 > 学修の手引き(学部共通) > 10.卒業の要件

10.卒業の要件

卒業の要件

本学の卒業の要件として、次の条件を全て満たすことが必要です。卒業の要件を満たす場合は、学部の教授会の議を経て学長が卒業を認定します(大学学則第22条の2第1項)。

卒業の要件

  1. 本学に4年以上(薬学部は6年以上)在学していること(ただし、全ての学年で1年以上在籍すること)
  2. 各学部において定められた教育課程を履修し、卒業に必要な単位を修得していること
  3. 本学において定められた学費を納入していること
  4. 在学期間における成績平均値(総合GPA)が2.00以上(小数第3位以下切り捨て)であること

留意事項

  1. 卒業要件を満たしているかは、学修の手引き:【4.履修計画、10.卒業の要件】、履修要覧:【卒業所要単位表】、MUSCAT【履修・成績情報】を照らし合わせながら確認してください。
    その上で不明点があれば、学務課もしくは武蔵野学務課に相談してください。
    なお、卒業要件を満たしているか、卒業できるか等、学務課・武蔵野学務課では個別に卒業可否を回答できません。
  2. 卒業要件を全て充足した場合は、自動的に卒業となります。卒業の要件を全て充足した状態で卒業留年できません。
    特別な事情がある場合には、事前にアドバイザー教員に相談してください。
  3. 卒業留年をした場合、卒業要件を満たせば、前期終了時点で、自動的に卒業することができます。
    1学期もしくは3学期終了時点で卒業を希望する場合は、別途申請手続きが必要です。
    申請時期等に関しては、MUSCAT通知でご案内します。

卒業の時期

卒業できる時期については、次のとおりです。

卒業要件充足時期 卒業時期 申請の要否 留意点
通常 後期
(4学期)
3月中旬
~3月下旬
不要 卒業要件を充足した年度の後期に自動的に卒業となります。
卒業延期 1学期 5月下旬
~6月上旬
必要 希望者は事前申請を行い、かつ卒業要件を充足した場合、1学期末卒業ができます。
注意:1学期末に卒業要件を充足していても、事前の申請がない場合、前期に自動的に卒業となります。
前期
(2学期)
9月中旬
~9月下旬
不要 卒業要件を充足した年度の前期に自動的に卒業となります。
3学期 11月中旬
~11月下旬
必要 希望者は事前申請を行い、かつ卒業要件を充足した場合、3学期末卒業ができます。
注意:3学期末に卒業要件を充足していても、事前の申請がない場合、後期に自動的に卒業となります。
後期
(4学期)
3月中旬
~3月下旬
不要 卒業要件を充足した年度の後期に自動的に卒業となります。

学位(学部・学科)

卒業時に授与される学位(卒業証明書の証記)は次のとおりです。

学部 / Faculty 学科等 / Department 学士名称 / Title of Bachelor
文学部
Faculty of Literature
日本文学文化学科
Department of Japanese Literature and Culture
学士(文学)
Bachelor of Arts in Literature
グローバル学部
Faculty of Global Studies
グローバルコミュニケーション学科
Department of Global Communication
学士(グローバルコミュニケーション)
Bachelor of Global Communication
日本語コミュニケーション学科
Department of Japanese Communication
学士(日本語コミュニケーション)
Bachelor of Japanese Communication
グローバルビジネス学科
Department of Global Business
学士(グローバルビジネス)
Bachelor of Global Business
法学部
Faculty of Law
法律学科
Department of Law
学士(法律学)
Bachelor of Arts in Law
政治学科
Department of Political Science
学士(政治学)
Bachelor of Arts in Political Science
経済学部
Faculty of Economics
経済学科
Department of Economics
学士(経済学)
Bachelor of Arts in Economics
経営学部
Faculty of Business Administration
経営学科
Department of Business Administration
学士(経営学)
Bachelor of Business Administration
会計ガバナンス学科
Department of Accounting and Governance
学士(会計学)
Bachelor of Accounting
アントレプレナーシップ学部
Faculty of Entrepreneurship
アントレプレナーシップ学科
Department of Entrepreneurship
学士(ビジネス)
Bachelor of Business
データサイエンス学部
Faculty of Data Science
データサイエンス学科
Department of Data Science
学士(データサイエンス学)
Bachelor of Data Science
人間科学部
Faculty of Human Sciences
人間科学科
Department of Human Sciences
学士(人間学)
Bachelor of Arts in Human Sciences
社会福祉学科
Department of Social Welfare
学士(社会福祉学)
Bachelor of Arts in Social Welfare
工学部
Faculty of Engineering
環境システム学科
Department of Environmental Systems Sciences
学士(環境システム学)Bachelor of Environmental Systems Sciences
数理工学科
Department of Mathematical Engineering
学士(工学)
Bachelor of Engineering
建築デザイン学科
Department of Architecture
教育学部
Faculty of Education
教育学科
Department of Education
学士(教育学)
Bachelor of Arts in Education
幼児教育学科
Department of Early Childhood
Education and Care
学士(幼児教育学)
Bachelor of Early Childhood Education and Care
薬学部
Faculty of Pharmacy
薬学科
Department of Pharmacy
学士(薬学)
Bachelor of Pharmacy
看護学部
Faculty of Nursing
看護学科
Department of Nursing
学士(看護学)
Bachelor of Nursing

早期卒業

本学では、武蔵野大学学則第22条の2第2項に基づき、成績が極めて優秀で卒業後の目的・進路が明確で強い意志を持った学生は早期に卒業できる制度があります。詳細は、MUSCATにて案内をします。

(1)全学科共通(薬学科、看護学科、建築デザイン学科、数理工学科、グローバル学部秋入学生を除く)

出願資格 以下3点の資格をすべて満たす場合、出願することが可能です。
①本学の学部に在学する者(休学している学生は対象外)
②3年で卒業し、卒業後の目的・進路が明確で意志強固な者
③1年次修了時点で成績がGPAによる順位の上位5%以内に入っている者※
選考・許可
  • 出願資格を満たした希望者は、2年次の学年開始時に所定の「早期卒業(3年卒業)願」を学長に提出する必要があります。
  • その後、書類選考及び面接を行い、早期卒業候補者として教授会の審議を経て、学長が許可します。
  • 早期卒業候補者として申請を許可された場合には、履修上限単位数の特別措置として、指定された科目の中から最大50単位まで履修登録が認められます。
  • ただし、2年次修了時点で、成績が2年間を通算してGPAによる順位の上位3%以内に入らない場合には、早期卒業の許可が取り消されます。※
早期卒業の認定 最終的に、早期卒業の認定を受けるには、3年次の修了時点で次の条件を全て満たすことが必要です。
①3年次修了時点で、卒業の所要単位数を修得していること
②3年次修了時点で、所属する学科内の成績が3年を通算してGPAによる順位の上位3%以内に入っていること※

※「GPAによる順位」とは「在籍する学科・学年の総合GPA」という意味です。

(2)グローバル学部 秋入学生

出願資格 以下3点の資格をすべて満たす場合、出願することが可能です。
①グローバル学部の秋入学生であり、本学の学部生として在学していること(休学している学生は対象外)
②4年次3月に卒業する強い希望を持ち、卒業後の目的・進路が明確で意志強固な者
③3年次3月時点で90単位以上修得し、かつ総合GPAが3.00以上であること
選考・許可
  • 出願資格を満たした希望者は、3年次4月までに所定の「グローバル学部早期卒業願」を学長に提出する必要があります。
  • その後、書類選考及び面接を行い、教授会の審議を経て、学長が許可します。
  • ただし、3年次修了時点で、成績が3年間を通算してGPAが3.00未満であった場合は、早期卒業の許可は取り消されます。
早期卒業の認定 最終的に、早期卒業の認定を受けるには、4年次の3月時点で次の条件を全て満たすことが必要です。
①総合GPAが3.10以上であること
②TOEIC860点以上及び日本語能力試験N2以上又はそれに相当する能力を有すること