世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 学部 > 学修の手引き(学部共通) > 3.単位と科目

3.単位と科目

単位

「単位」とは、科目の修得に必要とされる標準的な学修時間(学修量)を表します。1単位は授業時間と自習時間を合わせて45時間の学修を必要とする内容に相当します。単位の修得に必要な学修量は、授業に出席するだけでは足りません。単位の修得、科目の到達目標に設定された知識・態度・スキル等の修得は、授業以外の自習時間が前提となっています(大学学則第12条の第1項)。

tan-i.png

単位数は、授業の方法に応じ、当該授業による教育効果、授業時間外に必要な学修等を考慮し、次の基準により計算するものとします。

講義・演習

原則として、15~30時間の授業時間と自習時間を合わせた45時間の学修をもって1単位とします。

実験・実習・実技

原則として、30~45時間の授業時間と自習時間を合わせた45時間の学修をもって1単位とします。

科目の区分

科目は卒業所要単位上、次のように区分されます。各学科・専攻の科目区分は開講表を確認してください。

a.必修科目 卒業要件として単位の修得が必要な科目
b.選択必修科目 指定の科目群から選択し、単位を修得する必要のある科目
c.選択科目 必修科目・選択必修科目以外で、所定の単位数を修得する必要のある科目
d.自由選択科目 a~c以外に卒業所要単位として選択できる科目
e.卒業要件外科目 卒業所要単位として定められている科目以外の科目(卒業所要単位には含まれません)

履修指定科目(全員履修科目)

学科によっては、必修科目とは別に、カリキュラムのコアとなる重要な選択必修科目又は選択科目を「履修指定科目」(全員履修科目)に指定しています。履修指定科目は必修科目と同様に自動的に履修登録されます。履修指定科目を不合格になった場合の再履修は任意です。ただし、履修指定科目は学科のカリキュラム上の基礎的な科目であり、発展的な科目は、履修指定科目の内容を理解していることを前提とした内容となっています。

ナンバリング(科目番号)

本学のカリキュラムは、人材育成の目標に沿って、各自の興味・関心、目指す進路に応じて効果的に科目を学べるように体系的・段階的に編成されています。カリキュラムの体系的・段階的な構成を示すため、科目には学問分野(アルファベットのインデックス)、レベル(原則として学年に相当)に基づいた科目番号が付けられています。ナンバリングを参考にすることで、学修の段階・レベルを意識して履修計画を立てることができます。科目番号は各学科・専攻の開講表を確認してください。

<科目番号の表記>

ABC 1 0 1
学問分野 科目レベル 小分類 整理番号

例) CLT 101 コンピュータ基礎1 
情報分野(CLT: Computer Literacy)の入門レベル(1年次相当)の科目であることを表します。

<科目番号のレベル>

  対象 レベル
100 学士課程 入門レベル(1年次相当)
200 基礎レベル(2年次相当)
300 応用レベル(3年次相当)
400 発展レベル(3・4年次相当)※薬学部5・6年次を含む
500 専攻科 専門職レベル ※修士課程と合同の科目は除く
600 修士課程 講義・演習
700 修士論文指導
800  博士後期課程 講義・演習
900 博士論文指導