世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 学部 > データサイエンス学部 > カリキュラム > データサイエンス学科

データサイエンス学科

Department of Data Science

ディプロマ・ポリシー Diploma Policy

【ディプロマ・ポリシー概要・育成する人材の方針】
本学科では、本学のディプロマ・ポリシーに則り、また、高い倫理観と専門知識を兼ね備えた有為な人材を輩出するという教育目標に基づき、学士課程教育を通じて以下の者に学位を授与する。
I. データサイエンス分野に関する専門的知識と技能・分析力・ICTリテラシー・感性を有する者
II. 自然環境・社会環境の永続性維持・発展を探求できる者
III. 多様かつ複雑なデータから迅速かつ適切に人類の存続と平和に寄与する有益な知識を蓄積・分析・発見・統合・発信できる者
IV. データサイエンス領域に関する知識、技能、創造力を持ち、データ分析技術とイノベーション創造を駆使してイシュー指向の課題発見・解決を高い倫理観をもって実現できる者
V. 情報空間と実空間、技術と社会応用を連結した、グローバル(大局的)かつディープな(深層的)発想により未来社会を創造できる者

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】
自ら教養・基礎学力を修得し、自立的・主体的に学ぶことができる【教養・基礎学力】
データサイエンスにおける各概念を理解するための基礎学力を身につける【基礎学力】
データサイエンス分野に関する専門的知識・スキル・分析力・リテラシー・感性を有し、次世代の高度情報社会とグローバル社会を担うに十分な能力を習得する【データサイエンスの専門性】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】
自らグローカルな視野でデータサイエンスに関する諸問題を発見することができる【課題発見力】
持続可能な社会構築に向けて、主体的に社会参画し、一般社会を啓発できる【主体性・実行力】
企業・自治体・NPOの現場を知ることで、社会で活躍するための柔軟性とストレス耐性を身につけている【柔軟性・ストレスコントロール力】

思考・判断【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】
広範な領域や分野(社会、環境、科学技術、経営、医療、教育、経済、政策、国際関係)における多様なイシュー、つまり「何を考え、論じるべきか」を発見することができる【課題発見力】
多種多様にして膨大なデータを人工知能技術を用いて抽出・分析・発信することにより、そのイシューの解決をはかる能力を身につけている【情報分析力・課題解決力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】
複雑なデータから迅速かつ適切に多様な状況的・文化的文脈(コンテクスト)に応じた有益な知識を抽出・分析・発信することができる【プレゼンテーション力】

カリキュラム情報 Curriculum Information