世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 学部 > 法学部 > カリキュラム > 育成プログラム[公務員コース]

育成プログラム[公務員コース]

育成プログラム概要

学部の学びと、公務員の国家試験対策を有機的に構成した、本学独自のプログラムです。1・2年次では、基礎力を徹底的に習得。3年次からは、学外で開講される科目を効率的に学び、本格的に国家試験対策に取り組みます。

POINT1 少人数制

入学時から国家試験直前まで、専任の担当教員が徹底的に指導を行います。半期ごとに面談を行うなど、学習面だけでなく生活面やメンタル面のケアも充実しています。また、豊富な国家試験指導の経験を持つLEC東京リーガルマインドの講師が、質の高い授業で学生一人ひとりを丁寧に指導します。さらに、プログラムメンバー専用の自習室を用意するなど、学習に集中できる環境を整えています。

POINT2 LEC東京リーガルマインドと連携

公務員合格者を多数輩出している資格専門学校のLEC東京リーガルマインドと連携し、徹底した指導を行います。
 

■育成プログラム 概要

政府や地域の中枢として、よりよい社会の実現に貢献する優秀な国家・地方公務員を育成します。試験に合格するには、「公務員になる!」という強い意志と、高い教養力と専門力が必要です。2年次終了時に国家公務員一般職合格レベルを目指します。3年次終了時には、国家公務員総合職合格レベルを目指し、1日8時間以上の自習が必要です。かなりの学習量が必要となるため、1・2年次から計画的に学習する必要があります。
(注)市役所や警察官は、東京特別区や政令指定市など一部を除き、専門試験がありませんので、本プログラムの対象とはしていません。

1・2年次 3・4年次
武蔵野BASIS・学科科目
育成プログラム(学内 ※コースによって一部LEC校舎) 育成プログラム(学外 LEC校舎)

学科の学びと国家試験対策を有機的に構成したプログラムです。
1・2年次においては、学内で開講される育成プログラム科目で国家試験に向け基礎力を着実に養うと同時に、武蔵野BASIS科目と学科科目でアカデミックスキルもあわせて習得します。3・4年次では、学外で開講される育成プログラム科目により、国家試験対策が本格化します。

■履修上の注意点

・育成プログラム生であっても学科の必修科目/選択必修科目は修得しなければなりません。
・育成プログラム特別講座の科目は、卒業所要単位の学科科目(選択)に含まれます。
・育成プログラム特別講座の科目はCAPに含まれません。
・育成プログラムで履修する科目は全てGPAに含まれます。
・辞退について
3学期の履修訂正登録期間までに辞退が承認された場合は、後期から通常の所属学科のカリキュラムに戻ります。以降、翌年度1学期の履修訂正登録期間までに辞退が承認された場合は、新年度より通常の所属学科のカリキュラムに戻ります。育成プログラム在籍期間が終了するまでは、履修している授業に参加しテストを受けてください。(育成プログラムで取得した単位は所属学科での卒業所要単位に反映されます)
また、学科に戻った際は必ずご自身で履修登録内容を確認してください。育成プログラム科目は再履修ができないため、育成プログラム科目のみD/X評価は削除されます。
・進級基準について
通常の学科と同様の進級基準になります。進級基準については履修要覧で確認ください。

学習到達目標

各試験合格のためにそれぞれの学年で最低限必要な力を記しています。大事なことは試験までのスケジュール感と自身の学習到達度を把握しながら勉強することです。

1年次 ①2月の警察官公開模試において文章理解・数的処理の合計偏差値55以上
②法学検定ベーシック(基礎)合格
2年次 ①経済学検定ERE(ミクロ・マクロ)において B判定以上
②2月の特別区公開模試において偏差値_教養:55以上、専門:法律・経済分野 合計50以上
3年次 ①11月の行政書士資格試験の合格
②2月の国家一般職択一公開模試において偏差値55以上

コース決定及び継続可否審査

プログラムのコース決定、継続可否審査を以下のとおり行います。各プログラム、2年次の12月~3月でコースが分かれますので、自分の将来の目標を明確に持ったうえで、1・2年次の勉強に励んでください。

継続審査スケジュール

公務員コース 1学期 2学期 夏休み 3学期 4学期 春休み
1年次         法学検定(12月) ・模試(警察官)
2年次   経済学検定
(7月予定)
    法学検定(12月)
経済学検定
(12月予定)
・模試(特別区)
3年次   経済学検定
(7月予定) 
       

継続基準

各年次終了時に継続可否審査を実施します。奨学金・プログラムの継続には以下の基準をすべて満たす必要があります。
①単年度におけるGPAが2.50以上であること。
②2年次までに法学検定ベーシック(基礎)、3年次夏までに経済学検定EREミクロ・マクロを受験すること。
③1年次2月における警察官公開模試の文章理解・数的処理の合計得点が同科目の全国平均の合算値以上、2年次2月における特別区公開模試の教養偏差値が45以上であること。
④担当教員との面談により、意欲・出席状況・小テスト等を確認の上、奨学金継続が適当と認められること。
⑤育成プログラム対象科目への出席率が80%以上であること。
≪注意事項≫
・面談についてはコース担当教員及びプログラム対象科目担当教員が実施します。
・各年次生の面談については2月に実施します。
・継続の判定については成績判定後に実施し、継続不可の者については成績判定後1カ月以内に通知します。

育成プログラム生募集(編入)について

公務員への強い意志を持ち、一定の条件をクリアした学生は編入することができます。
資格専門学校のLEC東京リーガルマインドと提携し、そのノウハウを活用した指導を行います。本来必要となる費用を大学が負担します。また、資格取得のためのプログラム科目を卒業所要単位に認定しているため、大学のカリキュラムの一環として効率的に国家試験対策に取り組めます。
選考は7月と2月に予定しています。是非以下のプログラムに応募してください。詳細については、MUSCAT等でお知らせします。お問い合わせは就職・キャリア支援課に連絡ください。

コース名 編入時期 編入条件 備 考
公務員コース
1年次8月
(夏期休暇)より
①一般教養試験総合偏差値60以上(6月実施予定) 面接及び委員会の承認を経て、合格者対象の編入講座を受講
編入の募集案内及び一般教養試験の案内については5月頃MUSCAT掲載予定
2年次4月 ①年度内に受験した公務員模試の結果を応募時に提出
②応募者を対象に実施する公務員対策講座の出席率80%以上(2月実施予定)
③GPA3.00以上(3学期終了時)
④一般教養試験総合偏差値60以上
⑤法学検定(12月)合格
①、②は必須、③~⑤は満たしていれば尚可
面接及び委員会の承認が必要
10月に公務員模擬試験を学内で実施予定
(案内は9月中旬頃MUSCAT掲載予定)
編入の募集案内及び一般教養試験の案内については11月頃MUSCAT掲載予定

※MUSCATで情報を掲載します。編入、各種検定については、必ず就職・キャリア支援課からの案内を確認してください。