世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 学部 > 法学部 > カリキュラム > 法律学科

法律学科

Department of Law

ディプロマ・ポリシー Diploma Policy

【ディプロマ・ポリシー概要・育成する人材の方針】
「人の集まり」たる社会において、法は社会の安全を維持し、個人の自由な活動を保障するための「ルール」としての役割を果たしています。法律学の専門知識を修得し、活用できる能力は、自分と他者とが共に幸福になる社会を形成するうえで重要なものといえます。
本学科では、単にルールを知るにとどまらず、自らルールの必要性を考え、最適なルールを創り、ルールを使いこなせることを教育の目標としています。柔軟な「発想力」「創造力」「実行力」とともに高い倫理観を併せ持ち、日常生活・個人・社会における集団・企業・地域・地方公共団体・国・世界というあらゆる段階と相互関係のなかで、「共生」と「社会の持続性」という視点から、現代社会における複雑な問題や今後発生が予見される危険性に適切に対処することができる人材、理想の社会を実現するために真摯な努力を重ねることができる人材を育成します。具体的には在学中に一定の人数が国家資格等を取得できるよう指導します。

知識・専門性【学びの基礎力を基盤とした専門能力】
自ら教養・基礎学力を修得し、時宜に応じ発揮することができる【教養・基礎学力】
法学および法律学の専門知識を修得し、「生きていく知恵」として実践することができる【専門能力】

関心・態度・人格【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】
「共生」の意味を理解し、他者に対して寛容になることができる【自己認識力・他者理解力】
社会現象に関心を持ち、問題・課題を認知・発見することができる【課題発見力】
自己決定・自己責任の考え方を貫くことができる【主体性・実行力】
正義感・リーガルマインドを重んじ、公共の福祉に寄与することができる【使命感】

思考・判断【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】
法律問題を多角的に分析し、批判的な視点から論理的な結論を導くことができる【論理的思考】
法令、学説、判例等の調査・分析によって、法的問題の解決策を導き出すことができる【課題解決力】
問題の発生を予測して、予防的な対応策を講ずることができる【創造的思考力】
既存の法制度にとらわれず、適切なルールを創り出すことができる【創造的思考力】

実践的スキル・表現【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】
外国語文献を読み、内容を理解することができ、また交渉の基礎となるコミュニケーションをはかることができる【語学力・コミュニケーション力】    
法律レポート・論文・報告書を執筆のルールに従って作成することができる【表現力】
目標を実現するため、他者を理解・尊重し、適切な指示・指導を行うことができる【リーダーシップ力・チームワーク力】

カリキュラム情報 Curriculum Information

育成プログラム