世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 学部 > 看護学部 > 資格課程履修ガイド > 認定心理士

認定心理士

認定心理士とは、4年制大学で心理学の基礎を一通り学ぶことにより得られる資格で、公益社団法人日本心理学会から授与されます。この資格を取れば「心理学」という名前のつかない学部・学科を卒業していても、心理学の専門家として仕事をするために必要な基礎学力と技術を持っているということが証明されます。看護学部では、より心のケアへの理解を持つ看護師、保健師をめざす学生のために認定心理士の資格を取得できるカリキュラムを看護学部通学科目と併せて本学通信教育部の科目履修を行うことで可能にしました。

別表に、本学が開講する科目をあげます。看護学部では、看護師および保健師の国家試験受験資格の取得を第一に考えているので、認定心理士資格を取得するためのカリキュラムは最小限に抑えています。したがって、認定心理士資格をめざす学生は、卒業までに別表にあげた科目をすべて履修することになります。

1.履修方法

認定心理士の資格を得るためには卒業に必要な条件を満たした上で、認定心理士資格取得に必要な科目を履修し、単位を修得しなければなりません。

2.履修登録

4月の履修登録時に、看護学部の心理関連科目と通信教育部の該当科目も併せて履修します。通信教育科目の履修登録は、MUSCATに掲示される案内に従い、行ってください。
なお、認定心理士資格取得に必要な通信教育部科目の単位は履修上限単位の中に含まれません。

3.通信教育科目の単位認定について

単位認定は2月中旬になります。
*卒業年次生は単位認定が2月中旬になるので、最終的に卒業所要単位に含まれますが、2月初旬にある卒業判定会議の時点では修得単位とはなりません。したがって通信教育部の科目の単位を除いた修得単位で卒業所要単位数を満たしておくことが必要です。
*通信教育部で修得した成績は、本学の評価基準に読み替えて認定します(GPA算出に含まれます)。

4.履修費の納入

認定心理士資格を取得するためには、看護学部で開講されていない科目を通信教育部で履修するために、履修費が必要となります。

認定心理士単位取得費用(4年間の合計)

 1.科目履修料

        2,500円×24単位=60,000円(通信教育部の科目)

 2.補助教材費

        10,000円×4学年=40,000円

*補助教材費は1年あたり10,000円を毎年納入し、科目履修料は年度ごとの履修単位に応じて納入します。

□認定心理士資格取得に必要な科目一覧 基礎科目
領域区分 必要単位 本学開講科目 開講
学年
期間 単位数 履修登録
看護 通信
(a)
心理学概論
3単位以上 心理の基礎を学ぶ
①心理学の基礎1
心理の基礎を学ぶ
②心理学の基礎2
1年
 
1年
前期
 
前期
2
 
2

 
 
(b)
心理学研究法
3単位以上 心理測定法 1年 通年 4  
(c)
心理学実験・実習
3単位以上 心理学実験実習1
心理学実験実習2
2年
4年
通年
通年
2
2
 
基礎科目小計 12単位以上            

*認定心理士資格取得には、「基礎科目」12単位すべてを履修すること。

 □認定心理士資格取得に必要な科目一覧 選択科目
領域区分 必要単位 本学開講科目 開講
学年
期間 単位数 履修登録
看護 通信
(d)
知覚心理学
学習心理学
3領域以上取得する。
かつ、それぞれの領域で3単位以上修得する。
認知心理学1
認知心理学2
2年
2年
前期
4学期
2
2

 
(e)
生理心理学
比較心理学
           
(f)
教育心理学
発達心理学
発達心理学 3年 通年 4  
(g)
臨床心理学
人格心理学
パーソナリティ心理学
臨床心理学
カウンセリング論
心理療法論
2年
3年
3年
4年
通年
通年
1学期
後期
4
4
2
2
 
 



 
 
(h)
社会心理学
産業心理学
社会心理学 3年 通年 4  
選択科目小計 16単位以上            

*認定心理士資格取得には、「選択科目」24単位すべてを履修すること。

□認定心理士資格取得に必要な科目一覧 その他の科目
領域区分 必要単位 本学開講科目 開講学年 期間 単位数 履修登録
(i)
心理学関連科目
卒業論文
卒業研究
(a)~(h)の任意の科目、または「その他の科目」の領域Iの科目を充当する。 (a)~(h)の最低修得単位を超えて修得した単位を充当。「基礎科目」「選択科目」をすべて履修すると、合計単位数が36単位になるので、「その他の科目」を履修する必要はありません。        

*上記の開講科目をすべて履修し、36単位を修得すれば基準を満たし認定されます。

□認定手続き

大学を卒業した後、公益社団法人日本心理学会のHPの「認定手続き」を参照し、ご自身で申請してください。https://psych.or.jp/qualification/procedure/
HP上にある「認定心理士資格申請書類」を入手し、公益社団法人日本心理学会事務局へ申請することになります。卒業前に仮認定申請することもできますが、必須ではありません。学会では電子申請を推奨しています。