世界の幸せをカタチにする Creating Peace and Happiness for the World

武蔵野大学履修要覧公式サイト > 学部 > 人間科学部 > 資格課程履修ガイド > 生理人類士(人間科学科)

生理人類士(人間科学科)

人類は誕生以来、自然や文化と関わる中で進化と環境適応により絶えず変容してきました。そして現代の科学技術文明の中で多くの問題が明らかになってきました。日本生理人類学会は、この問題解決に携わり得る人材育成のため、西暦2000年、生理人類士認定制度を創設しました。これまで多くの方々が生理人類士資格を取得し、各分野で活躍されています。

1. 資格の種類

□アメニティスペシャリスト(生理人類士2級)

主な対象は大学学部生です。

□アメニティコーディネーター(生理人類士準1級)

2級資格を既に取得している方、または日本生理人類学会の会員の方を対象としています。

2. 受験資格要件

受験には、以下の(1)から(4)の要件を全て満たす必要があります。

(1) 生理人類学に関する科目について2単位以上を取得していること。生理人類学が開講されていない教育機関にあっては、(2)の中の4単位をもってこれに充てることができる。

(2) 人間科学系科目(例えば生理学、医学、生物学、衛生学、人間工学、感性科学等)、生活科学系および家政学系科目(例えば衣生活学、食生活学、住生活学、生活科学等)の中から、8単位以上を取得していること。
例:「生命科学1」、「生命科学2」、「健康科学」、「人間学入門」、「人間科学基礎」、「脳と心1」、「脳と心2」

(3) 福祉系科目(例えば老人福祉論、社会福祉論、看護学等)、情報処理系科目(例えば情報処理、消費者情報論等)、行動科学系科目(例えば人間行動論、コミュニケーション論、人間関係論等)の中から、4単位以上を取得していること。
例:「対人コミュニケーション論」、「対人行動論1」、「対人行動論2」、「東洋思想論1」、「東洋思想論2」

(4) 人文・社会科学系科目(例えば哲学、社会学、法学、心理学、文化人類学等)の中から、2単位以上を取得していること。
例:「心理学概論Ⅰ」、「心理学概論Ⅱ」、「社会学」、「知覚・認知心理学」

3.受験申込み手続き

資格試験は各指定校において全国で一斉に実施されます。本学は生理人類士指定校に認定されていますので、学内で受験が可能で、一括申請や受験料の割引などの特典があります。受験資格要件や手続きについて不明な点がある場合は、指定校責任者(人間科学科 泉明宏)に照会して下さい。

受験申込みをされる方は、下記の2つの用紙を学会HPからダウンロードして所定事項を記入の上、指定校責任者 (人間科学科 泉)まで受験料を添えて指定された期間内に提出してください。
また、受験申込み時に、専門テキスト「生理人類士入門」を配布します。この本は1~10章、249頁から成り、生理人類学の基礎を学ぶ上で恰好の入門書です。また、試験の予想問題集も兼ねており、受験者に便宜を図っています。

<申請書類>   
学会HP http://www.jspa.net/  「資格認定」のページよりよりダウンロード
①受験申込書(様式A-1)
②取得単位一覧表(様式A-2)

<受験料>    
8千円(テキスト代を含む)

4. 受験対策講座

本学では受験者のために試験実施の約1ヶ月前に、テキスト「生理人類士入門」を使用した受験直前対策講座を無料で夜間に開催しています。過去に資格試験に合格した人のほとんどはこの講座に参加していますので、講座開講の学内アナウンスがありましたら是非参加申し込みをしてください。

5. 本学の実績

本学ではこの資格制度が発足した2000年度より指定校として参加し、下表のように毎年多数の資格取得者を輩出しています。

 
2011
2012 2013 2014 2015 2016 2017
準1級
3名
4名 4名 4名 0名 1名 4名
2級
32名
31名 47名 38名 31名 20名 40名